不動産を購入して快適な生活を送りましょう|分譲と仲介があります

女性

不動産の情報

家

ポストにさいたま市の不動産のチラシが入っているならしっかり中身をチェックしておきましょう。不動産購入を考えているのであれば、そのチラシを読むと思います。また、不動産の情報誌でさいたま市の不動産を探す人もいるでしょう。しかし、不動産の情報の読み方が分からないとどのような物件なのか理解することができません。なので、どのようなことが書かれているのかを説明します。
まず、不動産広告にはある決まりがあります。それは過剰な紹介をすることができないことです。例えば、「新築同様でキッチンやバスルームなどがツルツルピカピカ」などのような表現です。また、広告を出すことができる開始日も決められています。これは宅地建物取引業法に載っています。まず、新築なのか中古なのかを表示されていますが、さいたま市の新築の不動産というのは建築されてから1年以内で誰も住んだことのない物件です。それ以外は中古物件になります。写真は実際の物件の写真を載せないといけないのですが、まだ完成されていない物件であれば別の物件の写真を使うことができます。敷地面積は㎡でされているのですが、坪単位で知りたいのであれば㎡で表された数字を3.3で割ると坪単位が分かるでしょう。
建物面積は延べ床面積を表示していますが、延べ床面積の外にベランダやバルコニーが出ていてもその面積分は含まれていませんので、実際にさいたま市の不動産を見学しないと分からないです。取引様態には売主や代理、仲介が表示されていて、仲介であれば仲介手数料が発生する可能性があるので、しっかり確認しておきましょう。